ファンデーションは塗らず、下地のBBクリームとルースパウダーでおしまい。

ファンデーションは塗らず、下地のBBクリームとルースパウダーでおしまい。

 

BBクリームとおしろい

 

このお年になりますと、

シミ・シワ・弛み・毛穴・黒ずみ・赤み・・・・、いろーんなものをファンデーションを塗って消してしまいたいと思うものですが、

ファンデーションって、崩れるんですよ。

鉄壁に塗りたくっても、化粧直しをしていないと、逆に、

「ひー、顔がー、溶けている~!!!」

ということになっていたりします。

で、私の場合、もともと、化粧するのが面倒くさいし、化粧直しも面倒くさい。

そういう人なので、最低限のエチケットで、何とかならんもんか、と思って生きてきました。

 



 
 

 

ファンデーションは塗らないことにしました。

 

BBクリームとおしろい

 

真ん中にあるのは、ルースパウダー(おしろい粉)です。

スキンケアをして、

その後、下のBBクリームを塗り、

 

BBクリームインテグレートグレイシー

 

資生堂インテグレートグレイシィ

 

 

 

資生堂インテグレートグレイシィ(資生堂ワタシプラス) を塗ります。

 

税込1,026円

 

ルースパウダー(おしろい粉)をはたいておしまい。

ルースパウダー、どこのか忘れました。

3年くらい前に、ドラックストアで1,500円くらいで買いました。

3年前のものが使えるのか?

おしろい粉だし、劣化はしてないように見えるし、とりあえず、私の肌ではトラブルが起きていないので、

例のごとく、ま、いっか、です。

トラブルが起きたら、使用をやめます。

 

ルースパウダー(おしろい粉)は、パフスポンジではなく、ブラシを使用することをおススメです。

いらない粉が落とせるようにです。(粉が均等につくと、毛穴が誤魔化せます。)

 

私の持っているブラシはもうずーっと前に無印良品で800円?くらいで購入したものです。

無印なので、劣化していないです。

(今でしたら、ダイソーの春姫ごくふわのブラシ、税込315円です。)

 

自分にあったファンデーションを見つけるのは難しい。

 

 

化粧品クリーム

(これはフリー素材です)

 

去年の夏秋はちふれのリキッドファンデーションを塗っていたのですが、

30mml 税抜800円でして、

それほど、肌が綺麗になっているとも思えず。(お値段なり)

それを使い切って、今度は、

30mml 税抜650円のセザンヌリキッドファンデーションにしました。

これが、大失敗。

肌が逆に汚く見える。

塗らないほうがまだマシ。

安くしたのがまずかったか?

でも、セザンヌのこの商品でも使える人は使える。

さすがに、100均のファンデーションは無理でしょうが、セザンヌとか使えそうなのになあ、

とがっくり来ました。

ファンデーション、

高いから良い、とも言えません。

私は、資生堂マキアージュ5,000円くらいしたファンデーションで大失敗しました。

まーったく、あわず、しかも塗ったファンデが乾いてボロボロ落ちてくる~、

5,000円出したのに~!!!

そういう失敗をしているので、もう、値段じゃないんですよ。

化粧品売り場におねえさんに聞けばいいじゃない、

というのは無しです。

私はお店の店員さんと話するのが苦手なのです。

買わないとダメかな、と思っちゃうし。

下手くそな美容部員さんに当たって、変な化粧されて、その化粧品を買ってしまった、という嫌な経験もあります。

(化粧品関係の仕事をしていない友人のほうが上手です。彼女に眉の作り方を教わりました。)

 

 

毛穴を誤魔化すなら、ファンデーションではなくてパテになるようなものを、というのを雑誌で知った。

 

パテというのは、プラモデルでも使う用語ですね。

パテです。パテ。毛穴という穴に塗ってしまうのです。

女の人の化粧って、すごいですよね。「化ける」とはよく言ったものです。

とりあえず、

シミはいいから、この毛穴をなんとかしたい、と思って、その雑誌(どこのか忘れました)を熱心に図書館で読んでいたら、笑、

毛穴を隠すには、BBクリーム、CCクリームと呼ばれるものを使用したほうがいい、ということを、

この年になって、知りました。

 

BBクリームインテグレートグレイシー

(もともと、化粧にはあまり興味がないです。)

ドラックストアで、探しました。

どれだったら、いいのかなあ、と。

で、資生堂のインテグレートは評判がいいし、これにしようか、と買ったら、今度は正解でした。

 

 

塗る時は指の腹や手のひらを使います。パフは使いません。

 

資生堂インテグレートグレイシィ(資生堂ワタシプラス)

 

使用方法 (モバイルですと+を開いて下さい)こちらでも書いております。

これを見て、パフを使わないことにしたわけではなく、

冬のスキンケアということで、肌がびっくりするから、化粧水は手のひらにのせ温めてから肌につけましょう。

ということを知り、そのまま、手のひらを使って、スキンケアをするようになりました。

で、スキンケアの最後に最強の保湿、『ワセリン』を手のひらに薄ーく伸ばして、水分を蒸発させないように手のひらで顔全体を包み込むように、塗ります。

特に目の周りの皮膚は薄いので、指ではなく、手のひらの下の部分で軽く、抑え込みます。

今年の冬は、そのやり方をしていたら、乾燥ジワが目立ちませんでした。

で、

その延長で、BBクリームも指と手のひらを使って、丁寧に摩擦を起こさないように顔に塗ります。

それで、終わり!

にしていました。

 

うん、毛穴が目立たなくなった、肌が透明になった、・・・・ような気がする。

 

まあ、前よりはいいでしょう、と言う感じです。

 

今度は、肌がべたべたする。そうだ!おしろい粉つかってみよう!

 

ルースパウダー(おしろい粉)は、ファンデーションとちょっと違います。

べたべたの上にお粉をのせて、毛穴がますます目立たなくなりました。

本当は欲しいルースパウダーがあります。

 

無印良品 ルースパウダー プレストタイプ・ルーセントホワイト

 

無印良品 ルースパウダー プレストタイプ・ルーセントホワイト

ネットの口コミで知りました。

これは、肌が綺麗に見えそう。お値段も税込990円だし。

でも、これ、パール入りなんですねえ。

いや、パール入りかあ・・・。

どんなもんだろうなあ。

とりあえず、今のおしろい粉を使い切るまでは買いませんけれど。

(部分部分でハイライトをつけたいなら←こんなことをしていない。笑。コンシーラータイプのものでもいいんじゃないかな)

 

コスメフリークの方や、そこまで行かないけれど、お化粧について、いろいろ知っている方なら、笑っちゃうような内容の記事ですが、

とにかく、

①簡単に

②まあ、そこそこ綺麗に

③使っているものはコスパが良くて

①②③ が私にとっては大事です。

 

そうそう、口コミサイト

@コスメ

を参考にして下さいませ。

この口コミサイト、まあまあ、参考になりますよ。

 



 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

今回もご訪問ありがとうございました。