同情する女、同情できない女。女も半世紀生きているといろいろです。

同情する女、同情できない女。女も半世紀生きているといろいろです。

 

お気に入りペンダント

お気に入りのペンダントの一つです。

安物なんですが、イーザッカマニアストアーズ で税抜¥1,200で昨年購入。今は売り切れです。

若い人向けらしいですが、綺麗です。(チェーンがアンティークぽいところも好き)

バカラのチョーカーというものを初めて見ました。

たかだか、ガラスなのに、

くー、お・す・て・き~♡

お値段もすごいですけどね。

今回の記事ですが、このペンダントには、まーったく関係のない話です。すいません。

スポンサーリンク


 

保育のパートから療育関係の施設で施設長になった友人から電話が来た。

 

花束

女の人生、50年も期間があれば、いろいろとあります。

近しい間柄の友人が3人ほどいますが、三者三様です。非婚者(私と同じ、でもあっちはかなりの金持ち)・既婚者・離婚者です。

離婚者というのも失礼な話ですが、食いっぱぐれのない資格を取って、子どもさんも無事社会人となり独立し、今は一人気楽に暮らしているようです。

もともと、保育関係の仕事を若い頃していて(保育士・幼稚園教諭とも持っていた)、結婚して仕事を辞めて専業主婦をしていたのですが、昔から癖のあった旦那さんの暴言がひどくなって耐えられなくなり離婚しました。障がい児保育の仕事をパートさんからはじめ、最終的には言語聴覚士の資格も取得して、今は療育関係の施設で施設長になっている女性です。(電話で「聞いて!私、偉くなったのよ~!」と話を聞いて、驚いた。)

 

離婚を切り出したのは、ある程度のお給料が見込めるようになってからだそうです。

「物事には、準備ってものが必要だからね。」

まさに、肝っ玉母ちゃん、ってな感じ。

 

その友人とは、とあるボランティア団体を手伝っていた時に知り合いました。

 

その友人の話。同じくシングルマザーとして頑張っていたと思っていた女性の話でした。

 

送り迎え

写真はイメージです。

その女性は、介護福祉士さんだそうです。

仕事で知り合い、

我儘で横暴な夫に虐げられて、同じように資格取得するまで我慢に我慢を重ねて、やっと離婚が出来て、

「お互い、よく頑張ったよね!」

という話で、盛り上がったそうですが、

盛り上がっていてそのまま仲が良ければ、苦労知らずのお気楽極楽とんぼの独身者の私にその女性の話は来ませんでした。

友人が私に話したかったことがありました。

 

その女性、ずっと専業主婦で、毎月、旦那さんから15万円のお小遣いを15年間貰っていたそうです。

 

???

「15万円って、生活費でしょう?そこから食費やら光熱費やら子どもにかかる費用やら、いろいろと払ったら、全然足らないでしょう。なんで、そんなに、声が怒っているの???」

 

「ちがーう!

まるっきりの

小遣い!

彼女のお小遣い!」

 

「旦那さん、高級取りだったのよ。

奥さんに財布は握らせない人で、マンションの購入も子どもの習い事や塾、教育費もぜーんぶ、旦那さんが支払ったの。

光熱費とかの引き落とし口座も旦那さん名義で、その人、全然見たことが無かったって。

生活に必要なお金は言えばくれて、そのほかに、毎月、奥さんの小遣いで15万円渡していたの。

15万円は、彼女の好きなように何でも使っていいようになっていたのよ!」

 

うっそ~ん。

 

今度は、私がびっくりした。

15万円、何もしないで15万円。(でも、専業主婦だから家事・育児のお給料だと考えれば安い?)

 

毎月15万円を15年間だとして、¥27,000,000 かあ。

うーん、うーん。

 

衝撃の事実!
毎月お小遣いを15万円貰うかわりに、旦那さんの浮気を認めていた。

 

不倫

 

うっそ~ん。

 

私としては、こっちのほうで、ぶったまげました。

そういうこともあるんだなあ。

なんか、何かのブログみたーい。(あ、これもブログか)

 

「話を聞いていたら、イライラしてきたのよ!

旦那が安月給のくせして暴力とか暴言とかDV・モラハラで苦労した私とは全然違うの!

お金貰って

浮気公認なんて、信じられる?」

 

と、怒りまくってましたが、

でも、家事や育児をしているのだから、いくら浮気公認のかわりとはいえ、15万円は安いような・・・。

どうなんだろう。わからないなあ。

「でも、15年間計算したら、2700万円よ。貯金していたのかと思えば、そうでもないみたいだし。お金ない、お金ないって、この前、

お給料が入ったら返すから、お金貸して!

と言われて、もう、キレたわよ。」

 

「あ、でも、浮気されていたのだったら、慰謝料請求できるんじゃないの。離婚しても有利に働くだろうし。貰えるもの、貰ったんじゃないの?」

 

不倫の慰謝料請求にも時効があります。でも、本当にそれって適応されるんだなあ、と思いました。

割れたチョコ

旦那さんの浮気を知って、いろいろと相手に嫌がらせしたり、会社(いわゆる社内での不倫)にも電話して、騒ぎまくって、

でも、結局、その女性、別れられなくてずるずる。

しかも、月15万円のお小遣いでずるずる。

離婚は旦那さんの希望。子どもさん(男の子)が大学を卒業して家を出た後、旦那さんから話を切り出されたそうです。

(んで、その旦那さん、奥さんに内緒で、もうかなり前に会社を退職していたんですねえ。)

長年付き合ってきた不倫相手と結婚したいから、別れて欲しいと言われたそうです。

それって、どうなんでしょう。

その女性、離婚したくないからと揉めたそうですが、友人の話だと、事情があって、弁護士さんから『結婚生活を続けるのは無理ですよ。少しでもいい条件で離婚に応じたほうがいいです。』みたいなことを言われて、

結局、離婚になったという話です。

そういう話ってあるんだなあ。

 

不倫慰謝料請求権の事項について
参考~アディーレ法律事務所

 

この女性に同情できる?同情できない?

 

2700万円、

何に使ったんだろう?

子どもさん関係の費用は全て旦那さんが支払ったというし。

(持っているものが古いブランド物ばかりだから、そっちに使ったんじゃないの?という友人の話です。)

離婚した時、貰えたお金も想像以上に少なかったと話していたそうですが、年金があるじゃん、と私は思いました。(マンションを売ったそうですが、安く買い叩かれたそうです。)

なんにしても、

年を取ってから介護の仕事を始め、介護福祉士まで取得したのだから、頑張り屋さんだと思います。

それに、浮気(本気?)公認をずっとしてきたのも、旦那さんのことがそれほどまでに好きだったんだと思いますし。

 

でも、

 

友人にそんな話をしても、全然、聞いちゃいなかったですけどね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

お忙しい中、ご訪問ありがとうございました。

今回の記事は、私の少々ぶったまげた話でした。

スポンサーリンク