あとどのくらい生きるのか考えると、今持っている物の大半はゴミに思えてしまう。

あとどのくらい生きるのか考えると、今持っている物の大半はゴミに思えてしまう。

ランコムの香水『トレゾァ』です。

結局、自分では使用することなく・・・・。

 

スポンサーリンク


 

半世紀生きたら、後は棺桶が待っているんだと思いました。

 

写真整理

 

普通であれば、親の介護が主となる年ですが、父は訳ありで亡くなっており、離婚した母は再婚したため疎遠になっています。(親族が会うことを反対してきたため消息は不明です。寂しいというより問題のある母親でしたので、介護をしなくて済むこととなり逆に良かったのかもしれない、と今では思っています。)

それが無いのですから、直接自分のこととなります。

先日、私の大好きだった橋本治氏が70歳で亡くなりました。

橋本治(Google検索結果)

それとずっと好きで本を手放していない、佐野洋子さんは71歳で亡くなっています。

佐野洋子(Google検索結果)

お二人ともご病気で平均寿命より早く亡くなっていますが、

70歳代はちょうど『社会生活が送れるかどうか』がわかる時期でもあります。

 

50歳代の数年間は更年期・人によっては病気が出現する期間、そして、70歳代の数年間、ここでその後の社会生活がわかる。

 

と、介護業界にいた時に、多くのご年配の方に教わりました。

 

高齢者女性二人

 

50代は更年期です。(今は男性にもあることがわかっています。)

ケアマネをしていた時、第2号被保険者(40歳以上65歳未満)の方のケアプランを作成していましたが、50歳代の女性が持っている病気は『自己免疫疾患』が多かったです。

自己免疫疾患(Wikipedia)

関節リウマチ・全身性エリテマトーデス・バセドウ病・・・。

ケアマネを辞めて数年以上は経っていてるので、今は良い薬が出ていると思います。

病気の解明も進んでいるはずです。

(Wikipediaでも記載がありますが、女性が多いです。原因はまだわかっておらず、ホルモンが関与しているのでは?と記載されていますね。)

20代から介護業界で仕事をしていましたが、「どうしてこんなに頑張ってきた方が罹ってしまうのだろう?神様は酷いことをされるなあ。」といつもいつも思っていました。

一緒に仕事をしていた看護師さん達は皆口を揃えて、

「頑張ってしまったから、じゃないかな。もしくは、頑張ってしまうような人が罹りやすいとか。」

と言っていました。

 

70歳代になると、ここで、元気に長生きが出来る人とそうでない人が分かれる。

 

元気な高齢女性

 

素敵な女性ですね。

フリー素材ACさんからお借りしました。

タイトルが『着物の母』クリエイターYY&Lさんの撮影写真です。

背筋がピシッと伸びて、御髪も綺麗で、ご自慢のお母様なのだなあ、と写真を見て思いました。

私は多くの方達と出会ってきましたが、

70歳代が最後の分岐点だと思います。

元気に長生きができるか、そうでないか。

2017年日本人の平均寿命は女性87歳、男性81歳です。

2016年日本人の平均健康寿命は女性74歳、男性72歳です。

私が見てきたのは、この平均健康寿命に関係している、と今思います。

70歳代の体がどうなっているのか、でその後の生活がわかりますね。

(自分で記事を書きながら、キツイなあ、この内容、と思いました。)

 

20代半ばから今の歳までの時の流れを考えると、これからの25年間は早い。

 

砂時計

 

それがいいのか悪いのか。

ただ、しみじみ思うのは、若い時のような無理は心身ともに効かなくなっている、ことですね。

 

それを考えたら、いらないものが多すぎる。

 

洋服選び

 

着ない服が多いなあ、と思うようになっています。

17平米の部屋のスペースを取り過ぎかもなあ、と思いつつ、今から買う必要もなくなり、これはこれで着てしまえばいいのか、

と思ったり。(デザインはすでに出尽くした感がありますし、多種多様になっているので流行というのは無いような気もしますし、そもそも年を取ったら流行も何もない。)

 

今の時代ですと、洋服のレンタルがあります。

メチャカリ

エアクローゼット

メチャカリで、月定額7,800円(税抜)

エアクローゼットで、ライトコース月定額6,800円(税抜)~

 

うーん、年換算すると結構な金額になってしまう。この金額を払って手元に残らないというのもいかがなものかな。

私は利用しませんが。

 

スポンサーリンク


 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

今回は自分で書いていて、うわ、これからシビアになってくるなあ、と思いました。

ご訪問ありがとうございました。