ダイソーで買ったアイブロウペンシルが使えますよ。(以前の二つはダメダメでしたが)

108円

アイブロウペンシル、以前、ダイソーで買ったもの二つが全然ダメダメで。

繰り出し機能がすぐ使えなくなり、出っ放しになったペンシルがぽきぽき折れてしまったり、

ブラシと一体化したものを買ったときは、キャップが壊れてしまったり、

「あー、やっぱり108円だものねえ。」

と思っていましたが、今出ている製品はなかなか良いです。

 

私はダークブラウンを選びました。

 

ダイソーアイブロウペンシルダークブラウン

 

芯は三角芯ですが、他に丸芯もありましたよ。

 

ダイソーアイブロウ後ろ

私は色味を『ダークブラウン』にしました。

確か、他に『ブラック』『ブラウン』がありました。

売れ筋なのかな、残りが二つしかありませんでした。

 

お化粧の基本らしいですが、『髪の毛と眉毛の色は合わせる!』私は知らなくて、『黒』を使っていました。

 

ダイソーアイブロウ

 

全長は14㎝です。これなら化粧ポーチに入れられます。(以前のブラシ付は長かったあ)

ダイソーアイブロウ

 

三角芯なので、こんな感じです。

私は、あまりお化粧のことについて知らなくて、

「眉を書く時、何色にすればいいのか?日本人だから黒かな。」

と『黒』を使っていたのですが、

友人に指摘されました。

「眉の色が変!」

で、

「そもそも眉の形も変!」

 

友人に眉を整えてもらい、色味を教わりました。笑。これ、30過ぎた時の話です。

 

鏡

 

眉を整える時は、毛の流れも重要ですが、それ以上に、筋肉の付き方も考えないとダメだと教わりました。

当時、私はよくわからなくて、両目の眉山の位置も考えず、適当に毛を抜いて、適当に真っ黒のアイペンシルで眉を書いていたので、

本当におかしな顔になっていたようです。

(まあそんなに化粧化粧していなかった。)

 

眉のお手入れをする時は、顔全体を鏡に映し、いろんな表情をする。その表情で眉山の位置を決める。

 

眉山を毛抜きやハサミで整える時は、

大きな鏡を見ろ!

表情筋の動きを確かめて、

眉山の位置を揃えろ!

と教わりましたよ。

特にこの表情筋は重要とのことです。

 

顔全体を鏡で見て、いろんな表情をしてみる。

ブスっとした表情のままで、眉を作ってはダメダメ。

表情筋の動きで両目の眉の位置が変わるそうで、その表情筋の動きで眉の形を整える、

そうです。

ありがとうございました。

でも、やっぱり、お化粧は苦手です。苦笑。




 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

今回もご訪問ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました