50前後は心身の変わり目なので、皆さま、あまり無理をされませんように。私も無理はしません。

わたしのこと

5月なのに、東京は気温が30℃超え、湿度が30%程度。

このままだと乾涸びてしまう。

クーラーをつけずにタワーファンの風で17平米の掃除をしていたのですが、ふと気づくと、

あれ?

暑いけれど汗が全く出ていない!

ふと気づくとなんか体がおかしい。

ということで、掃除を終えてクーラーをつけて水分補給し、お昼ご飯はカレーうどんから冷やしぶっかけうどん(氷入れました)に変更し、

食べてこれから、昼寝でもしようと思っています。

 

数年前の激鬱から回復してきた今、今度は更年期障害に気をつけませんとね。

 

激鬱からの回復・再出発、やっとこさ軌道に乗りました。ポンコツですが、ポンコツなりにやっていきますよ~。
すいません、 今回の記事は、通常営業の記事ではないです。 ご興味がある方だけ、どうぞ~。 以前従事していた介護業界でパワハラに遭い激鬱状態へ。逃げるように退職。 詳しく書くと見...

 

回復に数年かかりました。

貯金がかなり目減りしました。

で、今お給料がかなりお安くなりました。

TATERU株で失敗しました。笑。

お金、無いですよ~。

ま、だからこそ、固定費削減で17㎡家賃51,000円のところに住んでいるわけですが。

(都心から離れればもっと広いところを借りられますが、便利なんですよ。)

 

女性ホルモン数値がわかってもあんまり悩まないことにしたという友人の話

 

海を眺める

 

私はとっくの昔に子宮摘出(デカい筋腫がゴロゴロ出来てしまったため)しているので、閉経しています。(といっていいのか?)

ただ、婦人科の先生の話で、

「卵巣には今のところ問題は無いから、更年期みたいな症状は出てこないと思うよ。」

と言われ、まあ、そんな感じで来ました。(更年期障害でなくても子供の頃からあった気鬱はずーっとありました。これ子宮あってもなくても関係なし)

10くらい年上の友人も、昔から婦人科系のトラブルを抱えていて、更年期時に女性ホルモン数値を測定したら、かなりおかしくなっていたそうです。

が、

「考えて思い悩んでもしょうがない。悩むより少しのんびりしてよう。」

と心に決めたら途端、

悩んでいた更年期障害の症状が軽くなってしまったそうです。

友人はお金持っている人なので、症状軽減のためにいろんな治療法を医師から勧められたり、知り合いから鍼灸漢方薬整体など東洋医学や代替治療法を勧められたそうですが、

あえて、そんなことはせず(金は遣わず)、

のんびりした生活時間に変えたそうです。

そうして、更年期を終えたと思われる辺りから、

昔からあったいろんな体と心の不調が無くなった

ということで、

今はいろんなことしていますよ。(私と違って元々快活で外向的な女性ですので)

 

実は私も若い時より今のほうが気持ち的に楽です。

 

笑う

 

若い頃は、ガツガツしていましたね。

今は

成るようになる。

というか、

成るようにしか成らない。

といった感じになっています。

だから、考えてもしょうがないんですよ。

年金の問題も社会情勢の変化も、自分個人ではいかんともしがたいので、とりあえず自分の生活が苦痛でなければ、それでいいや、と思います。

10年後、どうなっているんですかね。

でも、今より笑っている生活している気がします。



 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

今回もご訪問ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました