ヨガを行う上で私が参考にしている本です。『弱った体がよみがえる人体力学』と『リラックスおうちヨガプログラム』どちらも高橋書店出版です。

ヨガ

「ちょっと痛いけれど気持ちがいいなあ。」

くらいの痛気持ちいいの感覚が良いとされていますが、

気持ちよさが感じるようになったら、

その気持ちよさを訴えているのが身体のどこの部分かな、と次は考えます。




 

『弱った体がよみがえる人体力学』はかなり使えます。

 

 

弱った体がよみがえる人体力学

 

その痛み、その不調は加齢によるものではない
弱った体がよみがえる 人体力学 (高橋書店)

いつもamazonにしていましたが、

高橋書店はいい仕事をしている会社さんです。

高橋書店(会社情報)

応援の為に、高橋書店にリンク貼りました。

ちなみに、

手帳は高橋

ですから!!!!

 

表紙を見てもわかりますが、動作時に筋肉と骨がどうなっているのか図解されています。

 

 

背中三角点

 

肩こり・頭痛に関連する肩甲骨部分など。

ヨガとは関係のない本ですが、

身体の仕組みと問題になっている状況がどうなっているのか、

それを改善するため、どう身体を動かせばよいのか(ストレッチなど)が、

解りやすく図解されています。

この本はすごくお役立ちです。

この情報量で、税抜1,200円はかなりお買い得です!

 

もうちょっと優しい・易しい本は無いかな?自分で自宅でやれるヨガ、こちらをおすすめです。『リラックスおうちヨガプログラム』これも高橋書店です!

 

 

リッラクスおうちヨガプログラム

 

最近、疲れていませんか?
DVD付き 心を整える リラックスおうちヨガ・プログラム(高橋書店)

DVD付きです。

ラバを今月退会するので、退会したら、これを見ながら自宅ヨガをしようかなと思っています。

 

綿本彰パワーヨガ

 

いつもは綿本彰さんのでやっていますが、

パワーヨガはパワーヨガなんですよ。

(微妙に違う)

 

『リッラクスヨガおうちヨガプログラム』はヨガ本なので、わかりやすいですよ~。

 

おうちヨガプログラム

 

こんな感じです。

「このポーズどこに効いてるんだっけ?」

「効いている部位が見てわかる!」

 

リッラクスおうちヨガプログラム

 

ひじょうにわかりやすいです!

 

やはり、年には勝てません。若い頃とは違った体の不具合を感じています。だからこそ、無理をしない。大事になる前に予防です。

 

今年のGWは友人からの依頼で、お年寄りや障がい者・障がい児のボランティア支援をしていました。

昔取った杵柄で移乗介助をずっと一日ずっと続けていましたら、

2~3日くらいは体がしんどかったです。

「若い頃と違うわ、全然!」

と老いを感じたわけですが、

手をこまねいていても、誰も助けてくれませんので、

大事(おおごと)になる前に、予防は大事です。



 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

お忙しい中、ご訪問ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました