機能性ディスペプシア(FD) な私です。消化器科で処方された胃薬が自分の症状に合わず、地獄を見る。ああ。

体調管理

 

3週間ほど前、朝の通勤時、電車の中で胃痙攣を起こし死にそうになりました。

すぐに「これ、胃痙攣だ!」とピンと来て、とりあえず次の駅が勤務先そばでしたので、次の駅で降りて椅子に座って痛みをこらえました。(これ、止まるわ。)

本当であれば、ブスコパンが効くんですけどね。無かったので。

思った通り、痛みは消えてそのまま出社しましたが。

 

数年前にピロリ菌を除菌しましたが、だいぶ胃が弱くなっているようです。ピロリ菌検査が保険適応になったのは2013年です。

 

ピロリ菌

 

これまでピロリ菌の除菌治療は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの病気のみに健康保険が適用されていましたが、2013年2月21日から「慢性胃炎」も健康保険の対象に加わりました。

 

引用元~保険適用になった「慢性胃炎」のピロリ菌除菌 OMRON

 

きっかけは職場の健康診断でした。

胃の状態がおかしいということで健康診断の検診医師から「たぶん、ピロリ菌だと思うけれど病院で詳しい検査をしてみて下さい。」と言われました。

それで、消化器科(胃腸科でななく消化器科、とりあえずきちんとしてそうなクリニック)に行き、ピロリ菌検査をしたところ、

結果は陽性でした。

(やっぱり、こういう時に都市部に住んでいるといいなあ、と思うのですよ。病院が充実しているので、年が行ったら年に何回かは病院のお世話になることを考えたら、田舎は不便ですよね。遠隔地でもネットを使用して受診ができればいいのですが)

 

 

すでに上部の胃壁が薄くなっていて、美味しいものを大量に食べるとすぐに胃もたれ・胸焼けを起こします。

 

 

刺身

 

よーく覚えているのですが、

友人達と旅行に行った先のホテルの夕食がバイキング形式(調べたら食べ放題はビュッフェではないそうです)になっているのですが、友人が選んだホテルでしたので、

提供される料理が超豪華。

牛肉もお刺身もお料理もぜーんぶ、

私が普段、口にはできないような豪華さで。

野菜だって、契約農家さんの無農薬?有機農法?の選ばれた野菜です。

「うわー、すごーい。」

と喜びながら沢山食べていました。

あとで胃もたれするかなあ。でも、私、ちゃんと『胃散』持ってきているから・・・。

 

スポンサーリンク


 

 

甘かった~。いつもの胃散が効かず、胃痛・胸焼けのためその後の旅行が全く楽しめませんでした。

 

 

胃散

 

いつもは効くんですけれどね。

もう、全然、駄目。

友人達には呆れられましたが。(食い意地はっているから、と思われた。)

 

胃薬にはいろんな種類がありますが、今回処方された薬は合わずに余計苦しむことになりました。(;´д`)トホホ

 

検索をして調べてみたところ

ちょうどわかりやすい記事がありました。

総合南東北病院
さんのところのホームページです。

 

胃薬は、大きく潰瘍治療薬と健胃消化薬の2つに分けられます。症状によっては薬局で購入できる薬もありますが、場合によっては病院で診てもらい、医師に処方してもらう必要があります。

引用元~ 薬局だより~胃薬の種類~

 

①潰瘍治療薬と②健胃消化薬ではまったく効用が違ってきます。

知り合いの看護師さんにメールで出された薬を相談してみたところ、どうやら②の種類の様で、胃壁が薄くなっている状態でたぶん胃壁が荒れているのだろうから、薬を飲むのをやめて様子を見たら・・・、と返信が来ました。

とりあえず、処方された薬を中止し、プチ断食(痩せるためではなくて食べられない)をしてみたら、少しずつ良くなってきています。

とはいえ、来月、胃カメラ検査をしますが。

 

負け惜しみ?現代人は食べ過ぎ。腹六分目くらいが健康にはちょうど良いので、「食べる喜び」を私、捨てます。笑。

 

 

ご馳走

 

20代の時にあまりにも太り過ぎていたので25㎏くらい体重を10年かけて落とした時に、いろいろ勉強して知ったのは、

飽食になったのはここ数十年でして、人類はずっと『飢餓との戦い』を続けてきたのです。ですので、体はその『飢餓仕様』になっているため、今の日本人が食べている量は明らかに身体に悪い(というか身体がついて行かれない)

という話です。

ちなみにたまにギャル曽根さんのように腸内細菌が赤ちゃんなみの方がいますが、そういう方というのは滅多にいません。

確かに「美味しいものを頂ける」ってすごく幸せなことなのですが、

(例のごとくで申し訳ない)

介護業界で四半世紀いて高齢者の方の病気で、Ⅱ型糖尿病(悪くなると失明・血行不良で末端細胞壊死、重度化し腎症発生して人工透析です。)や太り過ぎからくる股関節・膝関節の変形を見てきているので、

美味しいものを食べるというのも良しあしだな。

と思うようになりました。(たまになら良いと思いますが)

こだわらなくてはならないのは、『質』ですねえ。

いずれにしろ、量が食べられなくなったのはちょうど良いかも。

 

あ、胃カメラ検査が待っています。



 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

今回もご訪問ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

コメント

  1. MUTSUMI より:

    毎回更新を楽しみにしています。同年代だと思います。
    夫子一人いますが、勝手に吉田モーモーさんにとても親近感を感じております。
    私も機能性ディスペプシアです。2年前から体調を崩し、鬱症状や更年期に悩まされています。
    ブログ大変励みになります。
    何故か親近感が湧きます。

  2. yoshida_moumou より:

    返信が遅くなり申し訳ございません。
    コメントありがとうございます。
    ブログでは呑気にやっているようですが、実はそれほど呑気でもなく、胃痙攣の後にきた胃痛から体中のこわばりと頭痛がひどくなり、
    久しぶりに行ったメンタルクリニックにて再度、抗うつ剤サインバルタの服用再開となりました。
    二日飲んで、効果が出てきて、胃痛は別な原因がありますが、こわばりや頭痛がなくなりました。
    つまり、身体に鬱の症状に出ていたようです。
    まあ、それでも、ほどほどにボチボチとやっていきますよ~。

    MUTSUMIさんもご無理されずに~。

タイトルとURLをコピーしました