悩み事に共感して貰いたいだけですか?問題の解決策は聞きたくない?共感だけで満足ですか?

わたしのこと

ジュエリーボックスではなく、ただのアクセサリーボックスです。

安いのしか無いです。

でも、そのほうがいい。手軽に身につけられるし。華奢、豪華過ぎのジュエリーはいらない。

 

そもそも、女性だけの集団行動は苦手でした。

 

女子会

 

ブログ記事を読んできた方はおわかりでしょうが、

私はズレているんですわ。

今の時代は『人それぞれ』という言葉がだいぶ浸透してきているので、私みたいな人でも生きづらく無くなりましたが(人間関係が希薄な都会で一人暮らしをしていることもある。)、

私と同年代くらい・上の女性達だと『女性は集団行動をする』ものだと思われています。私はその集団行動が上手にできませんでした。

(外で稼がないとならなかったため、その点はだいぶ『外向け・仕事用の自分』を作れるようになりましたが)

20代の頃、最初、寮生活だったこともあり、上手ーく上手ーく、最低限、仲間外れにされないように画策できるようにはなりました。

画策というのも変ですが、

単体で動くと女の人達って怪訝に思う・嫌がるんですねえ。

一番最初に事務職で就職した時(お局のイジメで半年もいなかった)に痛い目にあったのでそこで学習し、次の介護関係の仕事での寮生活(部屋は一人ずつだったのでまだセーフ)では上手く擬態しました。

擬態し、引っ越したマンション(当時はマンションに住んでました)でホームパーティーまでやってのけましたよ。

 

スポンサーリンク


 

私は表向きは穏やかで優し気、話すとしっかりしていると思われたようで、女性と二人になると相談が始まりました。そして、まともに解決策を提案していた私は『アホ』でした。

 

女子会

 

話があるんだけど・・・、と二人でお茶しながら、食事しながら、ということで、話を聞くのですが、

こういう状態でこうなって、こんな感じで悩んでいるんだ~

となり、

(そ、それは大変、どうしたらいいんだろ?)

と、真面目に考えてしまい、

「だったら、こうしたらいいんじゃないかな?こうやってみたらどうかな?」

と少しでも解決できて楽になればいいなあ、と思って答えるのですが、

 

スポンサーリンク


 

とある人から言われたこと。「そういう時はうんうんそれは大変。私も~。よくわかるぅ~。」でいいんだよ。

 

驚き

すいません、

それ、知りませんでした。

誰も悩み事の解決策なんて聞きたくはなく、共感して、

「それ、わかるう~。私も私も。」

と答えるのが、正解だったのです!

 

スポンサーリンク


 

28歳で教えて貰い、29歳で「でも、なんか違うなあ。」と気づき、20代で親しくなった人達とフェードアウトしていきました。

 

コーヒー

 

29歳の時、一旦仕事を辞めて1年間ほど自分のやりたいことをやってみようとプラプラしていた時があります。

その時に、一緒にいて「なんか違う」と感じる方達と距離を置くようにしました。

言葉は悪いのですが、人間関係の清算・断捨離、です。

 

スポンサーリンク


 

元々、孤独には強いです。面倒くさい人間関係は真っ平ゴメンで、独りになり「私生活は一緒にいて疲れない人とだけ付き合おう」と決めたら、楽になりました。

 

夕暮れ

 

面白い方達とも出会いましたしね。

その時にお茶を習い始めたのはよかったです。

それと、今も思うのですが、「仕事での付き合いをプライベートまで引きずるのはどうなんだろう」です。

私生活はもっと違った世界で知り合ったほうがいいと思います。

仕事で困ったことになっても、違ったところで仕事とは関係ない話をすると知らない間にストレス解消になります。

 

スポンサーリンク


 

私は愚痴を他人に言ってもストレス解消になりません。会話することで発散になるんだよ。と言う方達もいますが、解決になるようならいいけど、ただ、愚痴を言っても仕方ないし、余計気分が悪くなります。

 

ベローチェ

 

いい子ちゃんぶっているわけではなく、そうなんだからしょうがない。←開き直り。

よく、カウンセラーの人達が

「あなたはそのままでいいの。それでいいんです。大丈夫。」

と言ってきましたが、

私が思ったのは、

(そのままで良くないから聞いているでしょうが、全然大丈夫じゃないからここで話しているんでしょう。これで1時間1万円取らないでよ。)

でした。

なので、正直、カウンセリングは苦手で1回で終わり。まだ、占いのほうが、当たっているのかどうか知りませんが、方向性は示してくれるのでマシです。(その方向に従うかどうかはこっちの判断。)

納得行かないと聞き直しますが。←そういうところがコミュニケーション能力に難ありでしょうが、仕事では我は出しません。

で、納得が行けば、なるほど~。と思うわけです。

(・・・、これ、カウンセラーの力量かな。相手をみての受け答えってありますよね)

 

スポンサーリンク


 

ある程度、自分で自分の問題を整理できているのであれば、『コーチング』だと思います。今だと『カウンセリング』と『コーチング』の両方使いができます。

 

!

 

カウンセリングとコーチングの違い(Google検索結果)

 

カウンセリングで心の中に溜まっているモヤモヤを話し、話すことで整理ができ、そこから問題の解決策に向かってどうすればいいのか方向性を示し伴走してくれるのがコーチングです。

当時この『コーチング』があれば、相談していたかな?と今考えると、私の場合は我が強すぎて他人様の意見は聞かないと思います。(今は悩む段階は過ぎています)

でも、今の時代であれば、悩み事を解決しなりたい自分になるために、『カウンセリング』や『コーチング』を受けられてみてもいいかもしれませんね。

というのは、

同じところにいる同じような環境の人達と愚痴の言い合いで終わっていたら、全然先に進まないからです。

キツイこと書きますけど、

そう思います。

5年後10年後、自分がどうなっていたいのか、愚痴の共感しあいで終わっていたら、問題の解決にはならず、ずーっとその生活の延長のまま、な気がします。

・・・・そうして、老いが来て、気づいた時にはすでに遅し。

私の人生、なんだったんだろう。となってしまいますよ。

50代ならまだなんとかなります。

 



 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

今回もご訪問ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました