「産みたいから産んだ。」は母親のエゴなのか?過干渉の母親を持った娘の苦しみ。

わたしのこと

 

お正月が終わり、月曜から仕事始めとなり、正月休みに飽きていたところだったので良かったです。

で、表題の件ですが、最近、娘と母親の間にある『桎梏』みたいなものを考えることがあり、20代の頃に知り合った女性の話をふと思い出しました。

母親の過干渉?が原因で摂食障害に苦しんでいた同年代の女性でした。

 

「強いあなたが羨ましい」と言われ、でも、あなたは私に無い物を沢山貰っているじゃないと思った。

 

 

生活費1ヶ月分のお金だけ持って家を出て、抑うつ神経症と不安障害持ち・対人恐怖症ありで、必死こいておゼゼを稼ぐために頑張っていた私にしてみたら、

東京で中流上の暮らしをしている彼女の生活は羨ましすぎた。

自由な一人暮らしに憧れて実家を出たいのだけれど、母が許してくれない、と言っていた。

良くできたお母さんだよなあ、と夫と一人娘への献身ぶりに「すげえ。」とは思ったけれど、実はそんなお母さんが、

ちょっと、かなり、怖いかも、と思った話もあった。

彼女は確かに裕福な生活はしていたようだけれど、私以上に良く分からない重たいものを背負っていたみたいで、

いつも

「どこかへ行きたい。」「もうしんどくてしんどくて生きていたくない。」

と言っていた。

 

自分が生きている理由を母親に尋ねたら「子供が欲しかった。産みたくて産んだ。」と答えられた、とものすごい怖い顔で言われたことがあった。

 

 

いや、びっくりした。

それは望まれて生まれてきたことなのだから、喜ばしいことなのでは?と私は思ったから。(私は母親に、できたから産んだ。仕方なかった。と言われていた)

でも、彼女にとってはそうではなかったらしい。

それって、

母親のエゴだよね。

と言っていた。

私は、

「そういう考え方もあるかあ。」と驚いた。

人が欲しがっているものが人によっては全然嬉しいものではない、ことがあるんだなと。

 

「生まれた」「I was born.」と、この世に生を受ける言葉はなぜか「受動態」

 

 

吉野弘の『I was born.』という有名な詩がある。

この記事の趣旨とはちょっと違うけれど。

生きることに苦しむ人達の自助グループで知り合った人だったけれど、結局、1年くらいでその集まりには行かなくなってしまった。

あれから、彼女がどうなったのかは知らない。



 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

今回もご訪問ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました