25年やった介護の仕事は、結局、自分の『老後対策』に役立っている。

体調管理

 

アイキャッチはフリー素材ACクリエイターphotoBさんの写真です。

皺があっても白髪になっても体がヨボヨボでも、私は年を取ることは否定しません。

 

親の介護は無くても過去に出会ってきた多くのお年寄とその家族がいろんなことを教えてくれた。

 

 

最近気づいたのですが

親の介護をされる方って年代が二つに分かれているような気がする、ということ。

50代くらいの方が70代後半の親御さんを介護

70代くらいの方が90代の親御さんを介護

 

75歳以降が後期高齢者とされていますが、

この75歳はポイントです。

 

スポンサーリンク


 

75歳で親の介護、75歳で子が介護。こんなに差が出てくるのは何故?謎。

 

 

今の75歳は昔の75歳と比べて若いと思います。

私が20代の時を考えたら、若い。

でも、75歳で介護がまだまだ必要でない人とここから介護が必要になってくる人の差が出てきて、

この差はどこで出てくるのかしら?

と疑問に思うのですよ。

体質なのでしょうか?

体の衰えより前に『病気』が先に来る方もいます。

老化現象より病気が先に来るのは、まずい。

 

スポンサーリンク


 

『生活習慣病』は生活の仕方で防ぎようがありますので、まずこれを予防することが大事。

 

生活習慣病

 

難病など「これはもう生活習慣の問題じゃない」という病気は如何ともしがたいですが、生活習慣で患ってしまう病気はたくさんあります。

で、皆さん、ここでまず、介護が必要になってきます。

 

ですので、まず、生活習慣病をがっちり予防すると。

 

私が若かった頃は、旦那さんが脳梗塞で倒れ半身不随となり奥さんが在宅で介護というケースが多かったです。

(女性の場合は女性ホルモンのおかげで梗塞系のリスクは減ります。問題なのは更年期が終わってから。ここで男性と同じくらいのリスクを負うことになります。)

皆さん、生活習慣を簡単に考えています。

お金より健康のほうが大事ですからね。

確かにお金が無ければ健康の維持もへったくれもないでしょうが、バブルの恩恵を受けている方達は、ポンポンお金遣い過ぎ。

だから、年収1,000万円退職金数千万でも『老後破綻』になるんですよ。

一時の娯楽でお金を使っていると(余裕がある人はいいと思います。寧ろ日本経済を回すためにどんどん使って頂きたい)、私みたいに何も無い人は警戒を怠ってはいけないと、スーパーでは半額になったもんしか買いません。それで交友関係が狭くなってもいいですよ。別に。笑。てか交友関係3人。大笑。

一時期無職だった期間があったので、年金なんてたいしたことないだろって存在すら忘れていましたが、友人にちゃんと確認しろ、言われて確認したら、

アレ?結構貰えるんじゃないの、これ。

とびっくりしました。(ま、アレだけじゃ生活はできないですけどね。+パートでもやれば何とかなるか)地道に働くことを馬鹿にできんなあと反省しました

が、

正直、お国を信用していないので、やっぱり『無いもの』として二宮金子で生活していきます。

 

あ、お金の話でなかった。健康の話だ。

 

スポンサーリンク


 

ホットヨガに通って良かった。元は十分取れた。後は自宅でDVD見ながらヨガをすればいいだけ。

 

ヨガ、受講している側から見た『良いインストラクター』とは。私が考える、です。
ホットヨガ、受講91回となっております。 あと9回で100回達成となりますが、残念ながら 『LAVA(ラバ)』、違約金がかからなくなった今月で、いったん退会いたします。 ちなみに、次は『CALDO(...

 

ヨガに通えない方、こちらをお薦め。

 

ヨガを行う上で私が参考にしている本です。『弱った体がよみがえる人体力学』と『リラックスおうちヨガプログラム』どちらも高橋書店出版です。
「ちょっと痛いけれど気持ちがいいなあ。」 くらいの痛気持ちいいの感覚が良いとされていますが、 気持ちよさが感じるようになったら、 その気持ちよさを訴えているのが身体のどこの部分かな、と次は考えます。 ...

 

次は、歯の問題ですが、医療の発達で今現在の歯の治療技術が10年後には変わっているかもしれない。ここは様子見か。

 

 

 

実は、これも、介護業界にいた時に、教わったことです。

次回にします。



 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

今回もご訪問ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました