コロナショックで医療が変わる。私の老後の三種の神器の一つ『遠隔医療』技術が進む。

わたしのこと

 

あいもかわらず、人とずれていることを考えている私です。

 

コロナショックで『遠隔医療』の技術が進化しています。

 

 

医療崩壊の危機が叫ばれている中で

この混沌としてた状況の中で確実に新しいものが表に出てきています。

リモートワーク(テレワーク)もですが、私の老後(田舎で“一人”お百姓さん)で必要だと思っている

遠隔医療

表に出てきています。

遠隔医療も必要ですが、単純に考えても今後日本の若い人の人口が減ってきて、同時に診療を受ける必要が出てくる年寄りの数は増えてきます。

医師の数が足りません

となれば、

次に必要なのは

AI診断

となります。

 

スポンサーリンク


 

私が20年前に考えていたことが、20年後の今、現実化してきているなあと思っています。きっかけが『コロナ』とは皮肉ですが。

 

 

2019年 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
2019年 となりました。 ここで質問! 平成最後の日は? ???え、2018年12月31日、昨日だったのでは? ブブーッです。 正解は、2019年4月30日、とのことです。 今年は、干...

 

私の考えていることはことごとく人とずれていまして

若い頃には

「なんか、人とずれているなあ。」

と悩んだものでしたが

今となっては、同世代の大多数が選択していった道を選ばなくて良かったなあと思っています。(選択しなかったというよりできなかった)

今後どうなっていくのかは

どっちに転んでも私個人はあまり関係ない、というか、どうにでもなる、という妙な自信があります。

とりあえず、介護業界に居なくて良かったです。25年もやってきたのだから『卒業』です。

今やっている仕事については、

今現時点で会社が何とかしてくれていますが、

それは今現時点での話ですので、自分のことは自分でどうするか対策をしておかないとなりません。

対策というか

私の最終目標は

田舎でのんびりお百姓さん

ですので、そこに近づけるように動くことです。

 

本当はのんびり庭仕事と小さな家庭菜園を作って暮らしたいのさ。でも、今は無理。遠隔医療とロボットカモ~ン。
昨日は仕事納めでした。 姑息な私は個別挨拶が必要と思った方達にはポイントで挨拶しに行きました。 特に必要なのは、 男性よりお局様的お姉様方達にです!(給湯室で何か話してそうな方達。笑) 職場の人間関係は今はまあ問題な...

追記~体内ICチップについては当初リンク先がありましたが、記事が削除されたので消しました。削除されていないものを見つけたのでこれを参考にされて下さい。

体内に「ICチップ」、国内も30人以上 解錠や承認、電子決済にも 普及へ環境整備必要
センサーにかざすだけで解錠や電子承認ができる極小のICチップを手など体内に埋め込む人が国内に出始めた。利用者は30人以上に上るとされ「人間と機械の融合」に向けた…



 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

今回もご訪問ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました