日本の夏は蒸し暑い。とろみブラウス、ポリエステル100%は着られないです。

おしゃれ

 

コロナ・コロナと言っている間に日差しがどんどん強くなってきました。

東京ですと湿度も高いです。

世の中がこんな状態なのに『梅雨』はやってきます。

 

オフィスカジュアルでお役立ちの「とろみブラウス」を私は着ません。

 

駄目

 

とろみブラウスというのは、素材がポリエステルなどの合成繊維です。

合成繊維は綿などの天然素材と違い、皺になりにくい、形が決まるといった良い点があります。

が、

吸水性がない。

これは乾きやすいという特性もありますけれども、汗を吸いません。

これが私は苦手です。

綿の割合が少しでも入っている物をと、選んでいましたが、

最近は「ポリエステル100%」のものが多くて、シャツやブラウスはおしゃれな色あい・おしゃれな形が素敵ですが、汗を吸わないし、とにかく

暑い!

別にとろみブラウスのようなトップスを着なくてもいいや、と思うようになりました。

 

スポンサーリンク


 

私は上はカットソー・カーディガン、下はパンツと制服化しました。

 

クローゼット

 

あれやこれやとおしゃれな服装ってありますが、

コロナの自粛もあるし

歳も歳だし(若い人と同じ格好をしたいのではあれば、お顔のコンディションも若いままにしないと似合いませんよ)

なんか考えるのが面倒くさいなあ

と思うようになりました。

東京でオフィス勤めするのもあとどのくらいだろ?

とこのコロナで思うようになりましたしね。(また別の機会に記事にします)

上京して約30年。リモートワークも今後増えてくるだろうし、別に東京にこだわることもないよなあ、と思うようになりました。

 

スポンサーリンク


 

カーディガンはポリエステル素材でも良いですが、下に着るカットソー類は綿100%を着たい。

 

タンクトップ

 

昨年ZOZOTOWNタイムセールで税込808円で購入したタンクトップです。柄入りで綿100%は珍しいので色違いと二つ買いました。

 

FLOWER PATTERN TANK TOP/フラワーパターンタンクトップ

今年も販売されていますが、まだお値段が高いようです。

上にポリエステルやレーヨンなどの素材のカーディガンを着ても、下が綿100%ですと汗を吸うので不快になりません。

 

スポンサーリンク


 

昨年はタイムセールで襟ぐりが浅いタンクトップ綿100%を数着購入したのでそれを着ます。

 

今年の夏を過ごしてみて夏のオフィスカジュアルは『コットン100%のカットソー・薄手生地カーディガン・足さばきの良いロングスカート(ガウチョパンツ・ワイドパンツ)』の三点セットに決めました。
ZOZOTOWNのタイムセールでコットン100%生地のノースリーブのカットソーをまとめ買いしました。 もう、夏も終わりですが、今後の夏、どんな格好をして職場に行けば良いのか、今年で決めることができました。 すでに、ある物...

 

おしゃれなのか何なのか、よくわかりませんが。

ガウチョパンツは処分しました。

今年はテーパードパンツを履きます。

それかプリーツスカートですかね。

 

スポンサーリンク


 

今はロコンドもZOZOTOWNもタイムセールをやっていますよ。

 

ベルーナ黒パンツ

 

ベルーナのストレッチテーパードパンツ税込875円、黒ストライプと紺の二つ、これを購入して良かったです。

ベルーナ BELLUNA 楽スル!ストレッチテーパードパンツ63丈 (黒ダブルストライプ)

お客様レビュー・コメントに「生地がペラペラ」とありましたが、私としてはだからこそ夏に良いなあと思いました。

ポリエステル100%ですが、下は下着が綿100%なのであまり気にならないのです。

 

スポンサーリンク


 

今の『コロナショック』で思うこと

 

世の中、コロナショックでいろいろな問題が出てきていますが

悪いことばかりではないと思います。

というのは20年前くらいから当であれば『変化』していないとならなかったのにそれをずるずると先延ばしにしてきたための弊害の膿だしとなれば、新しい方達の新しい時代になる、と思うからです。

例えば、ハンコ。

上司の決裁ハンコが無いと仕事がはかどらないとか

PCが使えずずっと紙(紙は膨大なスペースと時間を使います)とか。

ハンコも紙もIT化の変化に逆らってしまったから、日本は生産性が落ちGDPが落ちて、先進国とは言えない状態になっている。(どういうことかというと国力が下がっていて今までのような裕福な生活はできなくなる、ということです。自分は貧乏だとおっしゃる方いますがね、それは他人と比べての相対的貧乏という話です。国が貧乏になるということは『夕張市』のようになるということです。知っておいたほうがいいと思う。)

良い面悪い面いろいろとありますけれども、

私は「若い方達を年配の私達が搾取している」と思ってきていて、年を食ったらさっさと退場しないと、若い人達の迷惑だよな、とずっと思っていました。

(内容の無いブログ記事ばっかり書いていますが)

50は50なのです。

いつまでもいつまでも若い気持ちでいるほうがおかしい。

50・60でもずっと気持ちが若いというか

幼い考え方の方達が結構いる。

就職などで苦労してきたお若い方達のほうがよっぽど大人の見方をしている。バブル破たん前に就職できた時代の方達は少し考えたほうがいいと思います。50過ぎて考えていることが20代と同じというのは、その差の30年間を何やってきたんですか?って私は思いますよ。

30年間をやることやってきて次を考えている方達や
今苦労しているのは今までやってきた・生きてきたことの『結果』だと受け入れている方達は違いますが。

年齢は関係ない!と張り切るのは結構ですけれども

見ていて「みっともないな」と思う方もいます。

服装だってそうです。

「個人の自由なのだからどんな格好していてもいいでしょう。」

と言う方がいますけどもね、

皺の無い20歳の方がしている恰好を

50過ぎのおばさんがする、というのは、

やっぱりおかしいですよ。

私も他人様のことは言えませんけどね。

 

 



 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

最後、おかしな話になりましたが、今回もご訪問ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました