お金持ちであった親御さんの資産状況は調べてみたほうが良いですよ。調べたら借金だらけだったという実態もあり。

未分類

 

仕事がまあ大変で

今山場なのかもしれません。ここを通り抜けないと「明日はない!」という覚悟で毎日仕事しています。

その分土日は遊んでました。

八王子の友人とご飯食べて話をして。

 

親はお金を持っているから介護状態になっても大丈夫、と思っていたら実は借金だらけだったという話。

 

どうしよう

友人の知り合いの方の話・・・・。

証券会社に勤めている女性で今40くらい。

30過ぎての結婚で子どもさんが一人まだ小学生。

旦那さんは建築士で旦那さんも大きな企業でお勤め。

まあ、友人は口角泡飛ばしながら話してましたが。

 

スポンサーリンク


 

お金を持っていると思っていた父親が実は株で大損。信用取引にまで手を出し鎌倉の実家が抵当に入っていた!

 

 

 

信用取引とは

 

【松井証券】信用取引とはどのような取引ですか? | はじめての信用取引Q&A
「信用取引とはどのような取引ですか?」をご紹介するページです。【松井証券】

 

簡単に言えば借金(担保を出さないとダメで、下手すればその担保が取られてしまう)をして株取引をすることなんですけどね。

信用取引なんて素人はしないほうがいいに決まっているんですけどね。

そのお父さん、大企業で結構高い地位まで行き、株も付き合いで始めて良い情報(インサイダーとまで言わないけれど)が手に入るからどんどん株で儲けてきた過去があり、

定年後もずっとやっていたそうですが

株屋さん(証券会社)と昔から付き合いがあるものだから(そこがネット証券とは違う対面取引の怖さ)、株屋さんがまあいいように話をもっていったんだと思うんですけど、

娘さんも知らないでいたそうです。

でも、ある時、母親から「お父さん、800万ほど借金があるのよ!」と悲痛な電話が来て、そこから調べてみたら、とんでもないことになっていたという話です。

 

スポンサーリンク


 

昔贅沢をしてきた人は老後の介護にもそれなりのものを求める。でも、これじゃあ有料老人ホーム入居どころの話ではない。

 

 

 

有料老人ホームは入居金・一時金0円のところもありますが(ただし月額利用料金はそれなりにとられます)

ある程度の有料老人ホームに入ろうとしたら

入居金は最低でも1,000万円以上

月額利用料金は諸経費も入れると30万円以上はかかります。

そのほか、いろんなことが起きる度にお金がかかる。

大企業で役員クラスまで行った人ならそれなりのホームへの入居でなければ自尊心が許さないと思う。

奥さんも自分の手を汚す介護はできないと思うし。

それよりなにより、その娘さんもお嬢さん育ちなのでどうなんだろう、と勝手に想像してしまう。

岸本葉子さんのエッセイにも、鎌倉で奥さんを亡くし一人住まいしていた父親が株でいろいろと問題があって認知症も出てきて大変な話がありましたが

たぶん、こういうケースってこれからどんどん出てくると思います。

 

スポンサーリンク


 

いったん生活水準を上げてしまうと下げるのは難しい。

 

 

でも、その方の世代はけっこうな金額で厚生年金や企業年金を貰っているはず。

なので、まず、株の取り引きを一切やめ(これが難しい。本当は財産管理をきちんとしたした人や組織にやってもらうほうがいいんですけどね。この場合、話を聞く様子だと娘さんも結構お金遣いが荒いようなので娘さんがするのはちょっと危ない)

元気なうちに借金(負債)を綺麗にしておいたがほうが良いです。

が、生活水準が高くなっている人がその生活水準を低くするのって難しいんだよなあ。

例えば紀ノ国屋や明治屋で買い物をしていた人がいきなり業務スーパーで買い物できるか、というとそりゃできんだろうなと思う。

そもそも「中国産のものなんて毒!」と思っているでしょうし。(否定はしない)

 

スポンサーリンク


 

年収1,000万円以上でも生活が苦しいのは、可処分所得は低い、それでもそれなりの付き合いでお金がかかるから

 

 

日本は累進課税なので

お給料高ければそれなりに税金も引かれます。

額面1,000万円だとして、手取りは700万~800万円となります。(家族構成によって金額が変わってくる)

手取りがそのくらいだと奥さんは専業主婦が多く、お金の遣り繰りは奥さんの器量でだいぶ変わってきます。

手取り700~800万円。

下手にそこそこ貰っている人達こそお金が貯まりません。

まず

①家を買う

②子供に教育費をかける

③①②でお金がかかるのに、何故か娯楽費がすごい。

それと奥さん同士の見栄の付き合いでの無駄にお金かかっていたりする。

上の方のケースも、奥さんや娘さんは結構贅沢な生活をしてきたようなので、それが身についてしまっていて、年をとってから変われるか、というと、まず難しい。

 

スポンサーリンク


 

貧乏な生活って心が荒みますがね、堅実な節約暮らしは身を助けます。

 

 

若い頃貧乏なのはなんとかなるもんですが、

年をとってからの貧乏はたいへんですよ。

いや、貧乏というか『貧困』となるとかなりたいへん。





 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

今回もご訪問ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました