二重まぶたになれるかな?50代からの挑戦。かっこ笑

メイクなどなど

 

何をしても体重が減らない状態になっていますが、外からみたらそんなに太っているように見えないようです。

最近気づいたのですが、以前はエスカレーターに乗るのがめんどくさくて、結構階段を上り下りしていたのに、最近はふと気づくとエスカレーターに乗っています。

体が重たいため無意識にそういう行動に出ていて、ある時「あ!」と気づきました。

(ちなみに都市部より車で移動している地方の方の肥満率が高いです。都会では車移動より電車や地下鉄移動が多いため必然的に動くので。)

 

50代からのお遊び『整形せずに二重まぶたになれるかな?』

 

 

これが加工なしです。シミ・シワが出ています。

美肌加工してみました。確かに綺麗にはなるのですが、不自然ですね。

ということでこの一重(正確には奧二重)が二重まぶたになるのかどうかチャレンジです。

 

スポンサーリンク


 

一重まぶたと二重まぶたの違いはどこ?蒙古ヒダにあります。

 

 

 

加工なしは見苦しいので加工ありを使います。(というか肌があまりに汚いのでまぶたの前に肌をなんとかしろ問題が出ていますが。(;’∀’))

蒙古ひだとは(Google検索結果)

黒い楕円の中の部分です。

ここの部分です。

ちょうど目頭が隠れるようになっています。

この蒙古ひだの部分が大きいと目が小さく見えます。

で、ほりの深い外国人はくっきり二重まぶたの方が多いですが、この蒙古ひだ部分が小さいのだそうです。

 

スポンサーリンク


 

二重まぶたにも2タイプあります。①末広型と②平行型

 

一番参考になったのはこちらのサイトです。

 

蒙古ひだがあると、平行型の二重にならないって本当? | 美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック【公式】東京・名古屋・大阪
ヴェリテクリニックを紹介するサイトの蒙古...

 

↑転載禁止などの注意事項がありませんでしたのでHPを紹介させていただきます。

二重まぶたの整形の話となります。

私は整形までしたいと思ったことが無かったので知りませんでしたが、目頭切開ってこの手術時の話なんですね。

彫りの深い外国人の二重は②の平行型と呼ばれるもので、目頭の部分の二重の線は目に繋がっておらず、平行線となっています。

上記の
美容整形・美容外科のヴェリテクリニックさんでは丁寧に説明しています。

(この記事はアフィリエイトサイトではないので別にこちらからお金を頂いているわけではありません)

①より②平行型の二重まぶたが人気ですが、②平行型の二重まぶたにするには、人によっては目頭部分の皮膚を切開しないとならず、それがいわゆる目頭切開と呼ばれるものなんですねえ。
それは知りませんでした。

今回調べてみていろんなことを知り

へええええええ

となっています。

 

スポンサーリンク


 

さて、私の二重は①末広?②平行?どっちになれるのかな?

 

 

眼を瞑るとこんな感じになります。

蒙古ひだの始まりは低いです。

 

 

もし二重まぶたの手術をするとしたら、こんな感じなので目頭切開はせずに②平行型の二重まぶたの手術ができそうです。

が、手術はしません。

なのであれば、自分で二重まぶた②平行型ができないかな・・・・

 

スポンサーリンク


 

ってなわけで、110円で買った二重まぶたテープとアイプチもどき。

 

 

 

50過ぎなのに、中高生なみの美容です。笑

ですが、遊びですので、どこまで

自分でできるかな?

です。

やり方はいたってシンプル、夜この二つを使って二重線を作り寝るだけです。日中はしません。毎晩やっていてどこまで二重線ができるか、チャレンジです。笑

 

スポンサーリンク


 

なんでこんなことをしているのかといいますと、以前やってみた『ハイポニキウムできるかな?』の第二弾的なことです。

 

爪を伸ばしてみたい。でも爪の裏の汚れが気になる。ハイポニキウムって何?
大晦日から今朝方まで、神奈川に行っていました~。 今年は天気良かったですねえ。 江の島で初日の出を拝む、というのは、・・・・混むから止めましょう、という話になりました。 私としては、 それより、昨日のスーパームーンの...

 

まあ、結局、爪を綺麗に伸ばすために必要なハイポニキウムは?ですが、ネイルベッドは伸びました。

 

 

今まで生きてきて爪など伸ばしたことが無く、いつも爪切りで深爪ぎりぎりにパチンパチンと切ってました。

んで爪切りは使わずやすりをかけ伸ばしていたら、ネイルベッド部分が長くなりました。

ですので、今回は二重まぶた、どこまでできるかな?です。



 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

今回もご訪問ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました