他人の生活を妬む人。他人から生活を妬まれる人。

わたしのこと

私と同世代以上の方達だと、生活に違いが出てきて、価値観も人それぞれ異なってきます。違った価値観で生きているのに、何故か他人の生活を『妬む』方達がいます。

・・・・・謎・・・・・

 

銀座のとあるビルで観ている占い師さんに言われたことを考える。

 

銀座ですからねえ。銀座の占い師さんもここのところのコロナで売上が大激減していると思います。(ちょっと 隠れ家的な感じ)

(自由過ぎて)人の妬みがすごい と言われた。大笑

そんなん(´・ω・`)知らんがな

カードより、それは「あなたの感想ですよね」と思いました。

 

スポンサーリンク


 

私と同世代以上の女性達は「若い頃にした選択で動けなくなっている」

 

50代、離婚した方も未婚の方もいらっしゃると思いますが、結婚したいですか?
半世紀生きてきまして、他人様の結婚式なら出席したことはありますが、恥ずかしながら、自分の式には出席したことがございません。(結局、ご祝儀があちら様に行っただけで、戻りが無かったああ) この前、同じ未婚(というか非婚)の一回り上の女性に...

 

人生の苦悩に負けるか、勝つか、苦労を顔に出さない女は凄い。女の人生泣き笑い一本勝負。
友人夫婦が住む和歌山の新宮に行ってきました。 10数年ほど前に、旦那さんが脱サラして実家に戻る、という話についっていった友人でした。 本来であれば、 お彼岸ですので、忙しいだろうに、と思っていたので...

 

結婚したいと思ったことが無いのでよくわかりません。

が、結婚しても幸せにはなれんだろ、とした選択に後悔はないです。(男性がどうとか以前の話です)

今こういう時代と世の中で、

結婚しても不幸

子供がいても孤独

お金があっても気が休まらない(銀座という立地ですから、なんでもその占い師さんはそういう方の相談も受けていて『上に行くほど持っているモノ(夫の職業・子供の学校名も入る)でのマウントが凄まじい』「鎧を常に身につけて戦っているのよ」とのこと)

といった相談事が多いんだろうなあと

それを考えたら、なーんも無くて自由に動ける私のような人は「妬まれる側」になるようです。

ハア?ってなもんですが

 

特に今の年齢だと『親の介護』が無いという状況

 

2000年に介護保険はスタートしましたが、21年前です。すでに先は見えていました。

(このプレジデントは出社日で休憩室にあったので手に取って読みました)

 

スポンサーリンク


 

ツイッターで『新手のマウント』を読み、びっくりする。

 

毒親持ちの方が『あなたは、愛してくれた親が老いていく苦しみを知らない』といった親の愛情を存分に受けて育ってきた(らしい)方のリプを取り上げていて

ひいい、

オイオイ、それはそれ、コレはコレ、でわざわざ、それを言うかな?

と私はびっくりして、本当に、SNSの功罪というか『人の妬みの業の深さ』を思い知ったわけです。

こんなん読むと本当に

世も末、人の性質もどんどん劣化しているなあ、と思ったりするのですが、でも、人の性質なんて時代が変わったからといって変化はせず、

たまたま戦後の日本が経済成長著しくて『一億総中流』で富がそれなりに行き渡っていたから「昔は良かった」だけで

『貧すれば鈍する』なんてことが表に出れば、お金だけでなく心に余裕が無くなると、どうしても、人の庭の芝生が青く見える、のかもしれない。

自分の今の悲しみと他人様の過去の苦しみを同じ土俵で比べるおかしさがわからない。

まあ、そのおかしさが、人間なんだと思いますが

 

このコロナ下で考えること、とにかく今は無理せず、穏やかな老後にしたい。それはひいては「他人様の迷惑」にならないということ

 

これって、非常におこがましくて、傲慢な願いですけれども。

 

93歳で週4日、夜勤でマックバイトをしている方をヤフーニュースで見ました。もともと若い頃電子技師をされていた方ですが、
昔、ケアマネをしていた時、こういう方いまして(20歳下70代の奥様が要介護者)
「90過ぎて、身体が元気なら週3~4くらいで短時間バイト、いいなあ。」と思った記憶があります。

 



 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

今回もご訪問ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました