更年期障害対策 ホルモン療法は子宮なしのほうが実はリスクが少ない?

体調管理

婦人科にWeb予約を入れて行ってきました。
んで、エストラーナという貼り薬を処方されました。

 

女性ホルモン数値の検査に意味はない

 

何故なら

上がることは無いのだから検査する意味がない

といったことを仏頂面の医師に言われ

なるほど!

と思わず言葉にしました。

これが、子供が欲しいという女性であれば話はわかる。

更年期→高齢期になる人にそれをやったとして意味はない。

検査代の医療費が無駄

私はこういうことに関しては「無駄がないほうがよい」と思うので、別に嫌な感じはしませんでした。感情には振り回されない。医療資源は他のところに使ったほうがよろし。

それともう一つ、たぶん、医師が仏頂面になったのはこっちのほうかな、と思ったのは

 

スポンサーリンク


 

子宮をすでに全摘してしまっているため子宮がんリスクが無い、エストロゲン投与すればいいだけの話

 

 

どういうことになるのかなあ~

とボーッと話を聞いていたら

「んじゃ、エストロゲン投与だけで貼り薬を処方しますから。26日分。使ってみて体調が良くなったら(効いていると思われるので)来て下さい。」

と言われて、保険が効くため、結局診察代は1,000円くらいエストラーナ(経皮薬)は1,400円くらい、26日分でこの金額かあ、なんか安いなあ。これで更年期の不調が止まるのであれば万々歳だなあ。

逆に言えば、旨味のない患者。

かなあ。

でも、乳がんリスクはあるため、年1回は乳がん検査を受けなければならず。

 

スポンサーリンク


 

こんなことしていたら、長生きしてしまうのだよね。そのほうがいいのか?働き手がいなくなるのだからババアでも働いて金(保険料)を払えとなるだろうし

 

よくわからん。

別に長生きしたいと思わない。

だからといって、今さら自分で死んでしまうわけにも行かない。

病気になったら医療費用が逆にかかる。

介護が必要ともなれば介護費用もかかる。

26日分、2,400円払って、体調を良くして、働けや、となるの?

謎が謎を呼ぶ。

すでに3人に1人は65歳。ババアとジジイばっかり。

 

スポンサーリンク


 

老化は病気?治せるの?それじゃいつ年を取るの?

 

これまたよくわからん。

老いは病気 (Google検索結果)

↑こちらに出ている記事を読んで、判断されて下さい。

私は考えるけれど

だって、気持ちが悪い。

が、体調が悪いのはもっと困る。



 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

今回もご訪問ありがとうございました。

とりあえず、私はミモレ派ではなくハルメク派です。笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました